金利の計算の仕方

何となく法外な利息を取られるのではないかと不安になってしまう前に、キャッシングの金利の計算の仕方をきちんと知っておきましょう。

キャッシングでお金を借りるとき、多くの人が気になるのが「いくら返せばいいのだろう?」ということではないでしょうか。何となく法外な利息を取られるのではないかと不安になってしまう前に、キャッシングの金利の計算の仕方をきちんと知っておきましょう。



キャッシングで借りたお金の金利は、日割り計算が基本となっています。金利を計算する前に、まずは今借り入れたいと思っている金額と金融会社の借り入れ利率がいくらなのかを調べてメモに書いておきます。少し計算に手こずるかもしれないので、電卓があると便利ですよ。



金利は、「金利=借入金額×金利(年率)÷年間日数(365日)×借入日数」という式で計算することができます。つまり、借り入れ日数が短ければ短いほど、支払う金利は少なくて済むということになるのです。借り入れ日数には借りた当日は含まれませんが、返済当日は含まれます。お金を借りた翌日から返済日までの日数で計算することになりますので、注意してくださいね。



この計算式で、5万円を金利18.0%で30日間借り入れたときの金利は、50,000×18.0%÷365×30=739円となります。もちろん、各金融会社の設定金利や借り入れる金額にもよりますが、そんなにまとまった金額を借りるのでなければ、金利って意外と多額にならないものなのではないでしょうか。



キャッシングでお金を借りる際には、契約書などに明記されている金利や借りることができる金額をしっかりと確認し、前出の計算式を使ってある程度の金利を把握しておくようにしたいものです。





低い金利のローン






利率の低いキャッシングにおまとめするのがオススメですが、借金の金額が大きくなると審査をパスできるかどうかの課題が発生します。おまとめローンの申込時の審査がありますが勤続年数や雇用形態、総借入件数、これまでの事故情報、などがチェックされるようなので注意しましょう。カードローンの返済の遅延や任意整理などで信用情報機関のブラックリスト入りすると5-7年程度の間、新たなキャッシングができなくなってしまいます。おまとめ一本化する場合、総量規制の対象となる、消費者金融系でも例外規定があって借り入れがOKとなる場合もあります。
担保ローンで借り換える
キャッシングの返済は一般的に借入残高で上下しますが定額になっているのですが、まとまった金額で繰り上げ返済をする仕組みがある金融機関もあります。ローンの一本化は多重債務者向けの低金利のローンで複数の借り入れを1つにすることで月々の返済の負担を低くする金融商品です。





豊富な中古車買取店の一括査定で下取りよりも得をした






私は一括見積サイトを活用しました。
査定のときの車の清掃
これは、必要情報をウェブで入力することで、登録されている中古車買取店が、査定をしてくれるというものです。この結果を比較して、実際に高いところに本査定をしてもらえば、得をすることになります。私がことサービスを利用することになったきっかけが、友人の体験談です。友人は下取り価格に満足できなかったので、一括査定で好条件のところを探す手法をとったところ、下取りよりも高い額が提示されたといっていました。そこで、私も真似をして、新車を買い替えるにあたって利用してみることにしました。
結果は、下取り価格を聞いていないので比べることはできませんが、おそらく中古車買い取り額のほうが高かったであろうと思われるほどの額が提示されました。





カードローンを利用中






キャッシングを借りていて、返済が完了する時期、いくらの利息で総額いくら返済するのかを正確に覚えている方は多くないと思います。勤め人の場合勤務年数が短い場合、審査で承認されない事例が少なくないですが、安定した公務員であれば勤務実績が短期間でもカードローンが作れたりします。
消費者金融で主婦でもキャッシングできるの?
銀行以外のカードローンの場合、貸金業法により、借入金額が50万円以上の借り入れまたは合計で100万円を超える借り入れの申し込みの場合、借り主の所得証明書の提出が必須となっていて審査内容も厳しいようです。消費者ローンを借りる場合、審査がゆるい数十万円程度から利用する人が多いはずです。おまとめローン一本化の申し込みのあと、審査のポイントとしては年収、借り入れしている件数、事故情報、などの情報を重視するので気をつけるといいでしょう。即日融資の申し込みには、免許証や収入証明のための書類が必須のことが多いので、前もっと用意しておきましょう。スムーズに審査を受けられるでしょう。





普通、融資






基本的には借り入れは総量規制で借り主の年収の3分の1に決められています。ただし銀行からの借り入れは総量規制の対象外ですので貸し出しができる可能性があります。個人向けフリーローンの借入利率は融資限度額に応じて変動しますので100万以下の利用額であれば十数%もかかってくるのです。低い金利のおまとめローンに借り換えるのがオススメですが、ローン残高がおおきくなると審査の問題が出来てきます。
銀行カードローンおすすめ!条件の良い注目ランキングは?
借金した金額と返済した金額、さらに毎月の返済金額と借入残高を一覧表にして計画しておくことが有効的でしょう。借り入れの返済不履行や債務整理で事故情報がブラックリストに載るとおよそ5年程度はローンやクレジットの利用ができません。ローンを借りていて、いつまでに完済できるか、利息と返済総額を正しく把握できている方は多くないと思います。





長期間返しきらず






数年ものあいだ完済せずに借入の状態を繰り返すのは貸金業者に何ヶ月も金利を払うことになため金利が大きくなりもったいないと思います。消費者金融を活用していて、複数業者へのキャッシングやローンを借り入れしているようになると返済する貸金業者が数社になって完済の予定を組むのが煩雑になってしまいます。
借り換えで本当に金利の負担が下がるの!?
通常はカードローンの契約では郵送で明細などが送られますがウェブ明細などで郵送物無しで使える仕組みに切り替えることもできます。消費者金融を借りるときは審査が通りやすい数万円ほどから融資を受ける方が多いかもしれません。カードローンを利用するなら、必ず借入額と収入と支出に注意しておおまかな収支計画を考えましょう。銀行以外のカードローンの場合、貸金業法により、利用額が50万円以上の借り入れまたは合計で100万円を超える借り入れの申し込みの場合、源泉徴収票などの所得証明書の提出が条件となるので審査が厳しいようです。





メインバンクのカードローンに借り換えました






消費者金融のキャッシングで40万円強を利用していましたが、メインで利用している銀行カードローンに借り換えました。借り換えた理由は、金利が高いということはもちろんですが、それ以上に返済が面倒であったというが大きかったです。毎月の月末に消費者金融のATMまで出向かなくてはならないということ自体が面倒でしたが、忙しい時などコンビニのATMで返済するのですが何と手数料を取られてしまいます。
専業主婦でも借りられるカードローン
そういうことで借り換えを決意しました。借り換えた結果、金利は3%以上低くなり、返済は口座引き落としにしたため楽になりました。また、このカードローンは、キャッシュカードと兼用タイプとなっており、2枚のカードが1枚で済み意外と気に入っています。





住宅ローンの選び方・金利について






住宅ローンの選び方で、まず押さえておきたいのが金利です。住宅ローンの金利には固定金利と変動金利、固定金利選択型の3種類があります。
固定金利は基本的に全期間適用金利が変わりません。しかし、最初の10年は低めの金利で固定し10年目以降は金利がアップする二段階固定金利もあります。変動金利は通常、市場金利に連動して年二回金利が見直されます。上限金利特約が付いたタイプもあり、この場合は市場金利が大幅に上昇しても上限金利を超えることはありません。固定金利選択型は一定期間を固定金利で返済し、その後固定金利か変動金利かを選べるタイプです。
住宅ローン借り換えナビ.net

どの金利タイプにするかは、住宅ローンの選び方において重要なポイントです。一般的には固定金利にするのがセオリーと言われています。なぜなら固定金利では借り入れ時点で返済までの金利を含めた総返済額が算出されるので、返済計画が立てやすくなるからです。変動金利や固定金利選択型の方が金利は低いので魅力的に見えますが、総返済額が分からないので返済計画は立てづらくなります。





住宅ローン控除の活用について




政府が行っている住宅取得支援策の一つとして、住宅借入金等特別控除いわゆる住宅ローン控除というものがあります。これは、借り入れ後10年間。借入している住宅ローンの年度末残高1%分の所得税・住民税の控除を受けることができる制度です。今は日銀のマイナス金利の政策の影響もあり、金利は史上最低の水準で推移しています。
http://住宅ローン借り換えランキング.net/
この住宅ローン控除を最大限活用することによって控除期間中の10年間は支払う利息よりも控除を受ける金額の方が大きくなる可能性もあり、うまく活用することができれば非常に有効な住宅取得支援策です。
しかし、返済計画にこの控除額を組み入れると、万一の場合に返済がままならなくなることも考えられますので資金計画は慎重な検討が必要です。





人材派遣など働き方の多様性の中でカードローンなどの業界はどう影響を受けるか



カードローンなどは、銀行などで、お金を借りる経済行為の一つですが、今までは、お金が手元にないとき、特に短期でお金を手に入れたい場合などは、お金を借りるという経済行為が当たり前だったのですが、今は派遣という働き方もありますし、特に日雇い派遣の場合一日働けばお金が手に入るわけで、お金を借りるという経済行為と、お金を稼ぐという経済行為がぶつかっている状態だと思います。銀行などの利益が、大昔に比べて落ちてきたのは様々な影響があると思いますが、やはり経済モデルは日々進化していくものであり、銀行などはどちらかというともう古い産業なのかもしれません。また最近では、クラウドソーシングなどのサービスの登場で、インターネット環境さえあればどこでもお金が稼げるという時代に入っております。これらお金の稼ぎ方の自由化が進んだ結果、カードローンや銀行の融資などは少なからず打撃を受けるはずです。今は、金融業対金融業という図式ではなくなり、例えば大手スーパーなどでもお金が借りられる時代ですので、別の産業間での競争が激しくなっているのではないでしょうか。今後もこの傾向は続くと思います。
キャッシング金利





カードローンの申し込みについて



カードローンの申し込み方法には実様々なものがあります。
お金を借りる
ですから、ご自分の状況などにあわせて、自由に選択をすると良いでしょう。
郵送もあれば窓口、契約機、最近ではネットで全ての手続きを完了させる、ネット完結なんていうものもあります。これらを上手に使い分ければ、どんな状況でも便利にカードローン申し込みが可能になると言えるのではないでしょうか。
カードローンに興味があるという方は是非、参考にしてみてください。

前の記事